こちら三河放送局

小林の花祭

YouTube Preview Image 2010年11月13日、北設楽郡東栄町の小林地区にある諏訪神社にて、シーズン最初の花祭が開催されました。 花祭は、鎌倉時代もしくは室町時代から、天竜川沿いの奥三河各地で行われてきた湯神楽で、「テーホヘテホヘ」と言ったの独特のかけ声をかけながら一晩中(小林地区の場合は、日中に行います)舞い続ける独特なものです。その舞の中には、何度か鬼が登場しますが、一般的な悪の象徴の鬼とは異なり、悪障を絶つ強き者として扱われています。 今回は、17時間にも及ぶ花祭の様子を15分間のダイジェストでご紹介いたします。寒い、眠い、辛いと言われる花祭りの醍醐味を味わって下さい。尚、以下の次第については、都合によりご紹介できません。
  • 朝の「湯立て」は、何時やったか気付きませんでした。
  • 「天の祭り」は「辻固め」と同時進行であることを知らず、撮影できませんでした。
  • 「はなそだて」は、単なる休憩だと思っていて撮影できませんでした。
  • 「しづめ」は、保存会の方すら知らない秘密の行事で、撮影することはできませんでした。

取材日:2011年11月13日 撮影・編集:こちら三河放送局

山鬼

山鬼

榊鬼

榊鬼

小林花祭の湯囃子

最も盛り上がる湯囃子の様子

小林地区花祭情報

  1. 住所:愛知県北設楽郡東栄町小林諏訪神社境内
  2. 問い合わせ先:東栄町役場経済課 TEL:0536-76-1812
  3. 開催日:2009年度実績 11月13日土曜日 8:00~翌1:00
  4. 入場・見学料金:無料(お見舞い(2,000円~3,000円)を持って行くと良いことがあります)
  5. その他
    • 諏訪神社の場所は、ナビに表示されないことが多いので、事前にHP等で地図確認しておいて下さい。
    • 花祭は、見るのでは無く、参加させていただくつもりで行くと、現地の方々と上手く接することができます。
    • 食事や飲み物については、諏訪神社境内に、売店が出ますので問題ありません。但し、夕方以降は、売り子さんが祭りに参加する為セルフサービスになります(笑)お勧めは、ハソリ汁、五平餅等。
    • お酒の販売もありますが、絶対に飲酒運転はしないようにしてください。こちら三河放送局局長は、終了12時間前までしか飲まず、その後12時間は酒抜きをして帰宅するようにしています。
    • 小林地区では、2011年現在docomoとsoftbankの携帯のみ利用できます。
    • お見舞いを会所に出すと、弁当、お札、手ぬぐい等がいただけます。2011年は、升酒を飲ませてもいただけました。
    • 写真撮影をされる方は、余り前に出ないように気をつけましょう。祭りの進行を妨げるだけでなく、時々鬼のまさかりで、レンズ等をかち割られます。
    • 鬼の登場時間に、可愛いチビ鬼が登場することが多々あります。
    • 小林の湯囃子は、お湯の追加こそ無いものの、派手に行いますので、防水対策はしっかりとして下さい。

より大きな地図で All mikawa.TV 1 を表示

こちら三河放送局

こちら三河放送局(略称こちみか)は、愛知県三河地方から情報を発信するインターネットテレビ局で、三河の魅力を伝える映像を制作し、YouTubeを介しててストリーミング配信しています。映像制作の方針は、『取材時に受けた感動をそのまま伝える』。

<

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

三河の情報なら、こちら三河放送局

http://allmikawa.tv

写真と文字では伝えきれない感動が、映像なら伝えられる

Return Top