こちら三河放送局

河内の花祭

YouTube Preview Image 2009年11月28日、北設楽郡東栄町の河内地区にある長峰神社にて、国の重要無形民俗文化財である花祭が開催されました。花祭は、鎌倉時代もしくは室町時代から、天竜川沿いの奥三河各地で行われてきた湯神楽で、「テーホヘテホヘ」と言ったの独特のかけ声を発しながら一晩中舞い続けるといったものです。その舞の中には、何度か鬼(今回取材しあ河内地区は、神道花と呼ばれる神道色が強い花祭の為、鬼では無く神の名前が付けられています)が登場しますが、悪の象徴となる一般的な鬼ではなく、悪障を絶つ強き者として扱われています。今回は、この花祭のほんの一部ですが、皆さんに紹介させていただきます。 取材日:2009年11月28日 撮影・編集:こちら三河放送局
猿田彦命

猿田彦命

湯囃し

湯囃し

河内地区花祭情報

  1. 住所:愛知県北設楽郡東栄町河内 長峰神社境内
  2. 問い合わせ先:東栄町役場経済課 TEL:0536-76-1812
  3. 開催日:2009年度実績 2009年度実績 11月28日土曜日 18:00~翌11:30
  4. 入場・見学料金:無料(お見舞い(2,000円~3,000円)を持って行くと良いことがあります)
  5. その他
    • 神社の場所は、ナビに表示されないことが多いので、事前にHP等で地図を確認しておいて下さい。
    • 花祭は、見るのでは無く、参加させていただくつもりで行くと、現地の方々と上手く接することができます。
    • 食事や飲み物については、境内に売店が出ますので問題ありません。また、お見舞いを出した場合は、接待を受けることができます。
    • お酒の販売もありますが、絶対に飲酒運転はしないようにしてください。こちら三河放送局局長は、終了12時間前までしか飲まず、その後12時間は酒抜きをして帰宅するようにしています。
    • お見舞いを会所に出すと、お札、手ぬぐい、接待様の食券がいただけます。
    • 河内の花祭は、比較的静かの花祭で、一部の方からは『いやし系花祭』とも言われています。li>
    • 河内の花祭には、『山見鬼』や『榊鬼』はいません。代わりに、鬼の顔をした神様が登場します。河内は、東栄町の中設楽地区や下設楽町の津具と同様に、『神花』と呼ばれる花祭なのです。

より大きな地図で All mikawa.TV 1 を表示

こちら三河放送局

こちら三河放送局(略称こちみか)は、愛知県三河地方から情報を発信するインターネットテレビ局で、三河の魅力を伝える映像を制作し、YouTubeを介しててストリーミング配信しています。映像制作の方針は、『取材時に受けた感動をそのまま伝える』。

<

コメントはこちら

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

三河の情報なら、こちら三河放送局

http://allmikawa.tv

写真と文字では伝えきれない感動が、映像なら伝えられる

Return Top